一眼レフカメラの使い方入門

一眼レフカメラの使い方入門

一眼レフカメラでワンランク上の写真を撮ろう!

デジタル一眼レフとは

デジタル一眼レフカメラというものは、分かり易く説明するとカメラのレンズを取り替えることが出来るタイプのものです。

 

普通のデジカメと区別する時に簡単ですので覚えておくといいでしょう。

 

さらに、デジタルという名前が付いているところから、フィルム部分がデジタルになっているものだと認識できます。

 

パソコンでの操作や管理、写真印刷が容易になるので、デジタルのものを購入する人も多くなっています。

 

まだカメラ大手のメーカーの中でも、デジタル一眼レフカメラは開発中というところも珍しくなく、比較的少ない種類の中から選択することになりますが、データ管理をしたい人はデジタルを選択するといいでしょう。

 

今までコンパクトデジタルカメラを使っていた人でも、デジタル一眼レフにすることで、もっと奥深い画質が表現できるはずです。

 

言うまでもなく普通のカメラにも画素数が多いものもありますが、普通のコンパクトデジタルカメラでは表せなかった色まで表現できるものがたくさんあります。

 

素人の方ならそんなに違いは分かりませんが、長い間写真を撮影してきた人は、一度一眼レフを試してしまったらコンパクトデジカメはもう使う気になれないと言います。

 

一眼レフカメラというと、大型のカメラをイメージするかもしれませんが、デジタルであってもやはり大きめです。

 

価格はと言うと、お手頃なものから高額なものまでいろいろあるので、気になるものから試してみるといいでしょう。

 

望遠などにもこだわりたい人は、カメラの価格とレンズの価格の両方から検討しなければいけません。

 

どうしてもそこそこの写真を撮影したいと思ったら、複数のレンズが必要となるので、そのカメラに合うレンズはどんな種類があるかも初めにチェックしておくといいでしょう。

 

関連情報


Copyright (C) 2010 一眼レフカメラの使い方入門 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集