一眼レフカメラの使い方入門

一眼レフカメラを知ろう!

一眼レフカメラでワンランク上の写真を撮ろう!

一眼レフカメラを知ろう!エントリー一覧

一眼レフの特徴
一眼レフの特徴的なとこは、名前の通り目が一つしかないというところです。一般的なカメラは、撮影用のレンズの上部にファインダー用のレンズが搭載されています。目視して確認できるのはファインダーから覗いた映像ですが、本当に写真を撮るのは撮影用のレンズなので、わずかな誤差が出てしまいます。対象物がきちっと真ん中に映っているのを確認して撮影したのに、仕上がった写真を見たら下にずれていたなんていう経験はないでしょうか?一眼レフに関しては、撮影用レンズに映し出された映像がファインダーにも等しく見えるような性能に...
一眼レフのメリット・デメリット
一眼レフは、他のデジタルコンパクトカメラ等と比較した場合に、メリットやデメリットがあります。初めにメリットに関してですが、視差というものがないことです。ファインダーで覗いたのと全く同じような構図で撮影できるので、僅かなズレもなくしたい人にお勧めです。また、レンズ交換が可能だということから、レンズが異なるカメラを何台も揃える必要がないことも重要なメリットでしょう。次にデメリットに関してです。一般のコンパクトデジカメよりも撮れた写真は綺麗ですが、それだけ、精密な内部構造になっています。要するに、どう...
一眼レフカメラのレンズ
一眼レフカメラの最大の特色は、レンズの交換ができるということです。なので、撮影する景色や場所にごとに数種類の一眼レフ用レンズを準備するのが普通です。しかし、ビギナーの方は、初めからいくつも揃える必要もなくて、3種類ほどから必要になれば買い足ししていく方法がお勧めです。また、なかでも女性の方に気を付けてほしいのが、レンズによって重さがかなり違うということです。結構重いものもあるので、重量のことも忘れずに確認しましょう。レンズを交換したところでそんなに違いがあるはずがない思う方もいるかもしれませんが...
一眼レフの機能を勉強
一眼レフには、いろいろな撮影を可能にさせる機能が搭載されています。それぞれのメーカーが研究に力を入れているものは手ブレ補正機能です。また手ブレの他にも、いろいろな補正機能が付属しているものを選んだ方が、綺麗な写真が容易に撮ることができることになります。例えば明るさやコントラスト、白飛び、彩度などです。一昔前の一眼レフは、自分でその都度細かく調節したり、レンズをたびたび交換しなければいけませんでしたが、最近発売されているもののほとんどはワンプッシュで楽に調整することができます。撮影シーンを選択する...
一眼レフの重さ
重さがあるというデメリットから、一眼レフへの買い替えや購入を決めかねている方もいるかと思います。一眼レフは、タイプによって重量にかなりの差があります。特に軽いものであれば400gを切るぐらいですが、重いものだと1200gを超えてしまいます。長時間携帯する場合は、購入する時に重さも比べて選ばなければいけないでしょう。中でも、女性の方や高齢者の方は重量のチェックを忘れないようにしましょう。カメラを買う時に重さを重視する人も多いので、各カメラメーカーも軽量で性能が良いカメラの研究に力を入れています。イ...
一眼レフカメラを使う
だいたい貴方は、一眼レフカメラというのは、プロの人が使用するものだと思っているのではないでしょうか?しかし、ちょっとこだわった写真を撮りたいのであれば、コンパクトカメラよりも絶対お勧めです。また、どうやっても通常のカメラでは被写体が歪んでしまい、うまく写真が撮れないという人も使ってみるといいでしょう。一眼レフカメラを販売しているメーカーは数多くありますが、特に有名で人気があるのがキャノン・ソニー・パナソニック・ニコン・オリンパス・ペンタックスなどです。各メーカーやカメラがセールスポイントにしてい...
一眼レフのモード
一眼レフには、メーカーによっても異なりますが、いろいろなモードが装備されています。綺麗な写真が撮影できるかどうかということは、このモードを自在に扱えるかどうかということにかかっているでしょう。それぞれのメーカーによってモードの呼び方が違っているので、最初はマニュアルでどういうものがあるのか認識しておきましょう。例えば、スポーツしている場面を撮りたいのであれば、スポーツモードに変更するなどの操作が必要です。その他にも、夜景を写したい時には夜景ポートレートなど、撮るものに合わせて切り替えましょう。モ...
一眼レフの使い方
一眼レフは、シーンによっていろいろな使用法があります。中でも、背景を写しながら人物をしっかり綺麗に撮影したいという方は、コンパクトカメラよりも一眼レフの方が適していると思っていいでしょう。一眼レフは、背景を上手にぼかすことが可能です。コンパクトカメラこれをしようと思ったら、すごく難しいことをご存知でしょうか?例えば、子供の運動会で走っている場面を撮ろうとした場合、一番はっきりと写したいのは子供ですね。しかし、通常のカメラだと背景にもピントが合うように制作されているものが多く、背景のテントから土ま...
一眼レフの持ち運び
一眼レフを持ち運ぶ時は、カメラ用のバッグに収納して携帯するのが普通です。写真撮影のためだけに出かけるという時はいいですが、旅行がてらに一眼レフでの撮影を考えている場合は、その他の荷物もたくさんあります。出来る限りカメラ用のバッグを携帯せずに行動したいという人にいい方法が、旅行バッグに入れる方法です。言うまでもなく、単に一眼レフをカバンに入れるだけではなく、厚めでクッション性がある服で包みます。旅行に行くのであれば、持参する服の中で一番厚くてフワフワしているものを選び、それでカメラやレンズを包みま...
一眼レフの手入れ方法
一眼レフのメンテナンスをする時には、繊細な器具であることを十分に理解してからしましょう。力強く擦ってしまったりすると直ぐに傷が付いてしまうものもあるからです。初めに、一眼レフのボディ部分の手入れについてご説明します。レンズと比較して傷付きにくい部分ではありますが、いつまでも綺麗なコンディションを保ちたい時は、神経を遣って手入れしてあげた方がいいでしょう。ボディ部分の汚れを落とす時は、初めにブロアーで汚れを吹き飛ばします。埃ぐらいであればこれだけで綺麗にすることができます。手あかなどが付いている際...
一眼レフの手入れの基本
一眼レフは安価なものではないので、十分に手入れをしていつまでも使用できるようにしてあげましょう。カメラにとっての天敵は湿気です。可能ならば防湿庫を使うようにしてあげましょう。カメラ専門サイトや、カメラが充実しているショップでは防湿庫が売られています。しかし、こちらも結構高価なものであるということと保管場所に困る場合があります。そんな方のために、今は小さい旅行バッグほどの大きさのものも売られているので、こちらを購入してみてはいかがでしょうか?頻繁に使用する人ほど手入れが必要かというと、そうでもあり...
一眼レフの修理
一眼レフを修理に出す場合で最も多いのが、カビによるものです。交換用のレンズにカビが繁殖してしまうことがあり、とりわけ湿度が高いところでの保管、あるいは湿度が高い日に撮影をして、そのまま保管してしまった時などにカビが繁殖しやすいです。数年前に使用していた交換用レンズを久しぶりに出してみたら、カビが生えていて使えなくなっていたというケースも修理に出さなければいけないでしょう。それぞれの一眼レフ修理屋さんにも、修理可能なものと可能でないものがあります。部品が入手困難な場合などは引き受けてくれないので、...
一眼レフの用語
一眼レフを始める人の為の参考書などで頻繁に登場する専門用語について紹介します。◆オートフォーカス一眼レフが、被写体に対して自動的にピントを合わせてくれる機能です。一般的にAFと表示されることが多いです。◆AEB自動段階露出のことを言います。撮影者やカメラが設定した露出に調整して写す機能です。◆ホワイトバランス白を基準にして、色をどのような感じに映し出すかを設定する為の機能です。蛍光灯の下では温かみがない感じの色になるといった時に、白を太陽光が当たっているような感じに変えて、柔らかいイメージの写真...
人気の一眼レフ
今日、一眼レフを売り出しているメーカーの中で、一番人気があるのはキャノンだと言われています。男性に人気のモデルと女性に人気のモデルは異なるので、どのメーカーのどのモデルがもっとも人気があるということは断定できません。さらに、日夜メーカーが新しい一眼レフの開発するのに力を入れているので、次々と新しい商品が発売されています。今のところ一眼レフの機能を十分に活用できる人が少ないということもあるのか、使い方が楽なものにも人気が集中する特徴があります。中でも、大きな画面の中で撮影のポイントが案内されるもの...

Copyright (C) 2010 一眼レフカメラの使い方入門 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集