一眼レフカメラの使い方入門

一眼レフの特徴

一眼レフの特徴的なとこは、名前の通り目が一つしかないというところです。

 

一般的なカメラは、撮影用のレンズの上部にファインダー用のレンズが搭載されています。

 

目視して確認できるのはファインダーから覗いた映像ですが、本当に写真を撮るのは撮影用のレンズなので、わずかな誤差が出てしまいます。

 

対象物がきちっと真ん中に映っているのを確認して撮影したのに、仕上がった写真を見たら下にずれていたなんていう経験はないでしょうか?

 

一眼レフに関しては、撮影用レンズに映し出された映像がファインダーにも等しく見えるような性能になっているので、眼で見たのと全く同じ写真が撮影できます。

 

さらにオートフォーカスがすごく速いという特色もあります。

 

オートフォーカスというはピントを合わせる機能のことですが、これに時間がかかるとシャッターチャンスを失ってしまうことになります。

 

撮影ができたとしても、被写体が動いている人や動物だったりするとブレてしまうので、動いているものを撮影したい時には一眼レフが適しているでしょう。

 

普通のカメラと比較して、撮影用レンズが大きめだというのも一眼レフの特性です。

 

撮影できる写真のサイズが同じだったとしても、レンズが大きい方が光を集めることが可能なので、かなり暗いところで撮影したとしても鮮明な写真を撮ることができます。

 

その他、一般のカメラは、そのカメラの機能に装備されている撮り方やモードしかできませんが、一眼レフはレンズで機能を調整できるので、近くにあるものを鮮やかに撮影したり、遠くの景色を雄大に撮影したりということができます。

一眼レフの特徴関連エントリー


Copyright (C) 2010 一眼レフカメラの使い方入門 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

一眼レフの特徴

一眼レフカメラでワンランク上の写真を撮ろう!