一眼レフカメラの使い方入門

一眼レフの手入れ方法

一眼レフのメンテナンスをする時には、繊細な器具であることを十分に理解してからしましょう。

 

力強く擦ってしまったりすると直ぐに傷が付いてしまうものもあるからです。

 

初めに、一眼レフのボディ部分の手入れについてご説明します。

 

レンズと比較して傷付きにくい部分ではありますが、いつまでも綺麗なコンディションを保ちたい時は、神経を遣って手入れしてあげた方がいいでしょう。

 

ボディ部分の汚れを落とす時は、初めにブロアーで汚れを吹き飛ばします。

 

埃ぐらいであればこれだけで綺麗にすることができます。

 

手あかなどが付いている際は、柔らかいシリコンクロス等で拭き取りましょう。

 

注意して欲しいのは、一眼レフのレンズの部分の手入れです。

 

なるべく傷や汚れを予防したい時は、保護用のフィルターが売っているので、それを使うのがお勧めです。

 

当然ですが、レンズより安価で発売されていて、もし傷が付いてしまったとしても、保護用のフィルターだけを張り替えればいいだけなので低コストで済みます。

 

保護用フィルターを使用する際は、汚れが付くのはフィルターだけなのでこれの埃をブロアーで取り除き、クリーニングペーパー等で綺麗にします。

 

ポイントとして、一眼レフのレンズなどの傷が付きやすいものを掃除する時は、まずは塵や埃を吹き飛ばすということを絶対にするようにしましょう。

 

細かい砂などが付着した状態で擦ってしまうと、すぐに傷になるのでよく注意して手入れをします。

 

汚れが落ちにくい複雑な部分などは、綿棒を使用すると綺麗に掃除することができます。

一眼レフの手入れ方法関連エントリー


Copyright (C) 2010 一眼レフカメラの使い方入門 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

一眼レフの手入れ方法

一眼レフカメラでワンランク上の写真を撮ろう!