一眼レフカメラの使い方入門

一眼レフの持ち運び

一眼レフを持ち運ぶ時は、カメラ用のバッグに収納して携帯するのが普通です。

 

写真撮影のためだけに出かけるという時はいいですが、旅行がてらに一眼レフでの撮影を考えている場合は、その他の荷物もたくさんあります。

 

出来る限りカメラ用のバッグを携帯せずに行動したいという人にいい方法が、旅行バッグに入れる方法です。

 

言うまでもなく、単に一眼レフをカバンに入れるだけではなく、厚めでクッション性がある服で包みます。

 

旅行に行くのであれば、持参する服の中で一番厚くてフワフワしているものを選び、それでカメラやレンズを包みます。

 

その他には、旅行先で持ち歩くための小さなショルダーバッグだけ持って行けば、荷物を出来るだけ小さくすることが出来るでしょう。

 

一眼レフのことをちゃんと考えてあげるのならば、道中でもカメラ用のバッグに入れた方が良いのですが、上に挙げたような方法であれば、その他の荷物にカメラがダイレクトに当たることはないのである程度の衝撃には耐えることが出来ます。

 

また、飛行機に搭乗する場合ですが、可能ならば機内に持ち込むようにしましょう。

 

飛行機で最も衝撃が強いのは、離陸する時と着陸する時ですが、荷物置き場はどのような状態になっているか分かりません。

 

万が一に、他人の荷物とぶつかってしまう危険性もあるので、自分で持っていた方が安心です。

 

この時だけは、小型のバッグに入れ替えて手持ち荷物にしましょう。

 

その他には、キャリーバッグの中でもそのくらいの衝撃であれば、傷付くことはそれほどありません。

 

服で包んだりせずに他の荷物と一緒に入れたいのならば、せめて緩衝材の仕切を活用しましょう。

一眼レフの持ち運び関連エントリー


Copyright (C) 2010 一眼レフカメラの使い方入門 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

一眼レフの持ち運び

一眼レフカメラでワンランク上の写真を撮ろう!