一眼レフカメラの使い方入門

一眼レフの用語

一眼レフを始める人の為の参考書などで頻繁に登場する専門用語について紹介します。

 

◆オートフォーカス
一眼レフが、被写体に対して自動的にピントを合わせてくれる機能です。

 

一般的にAFと表示されることが多いです。

 

◆AEB
自動段階露出のことを言います。

 

撮影者やカメラが設定した露出に調整して写す機能です。

 

◆ホワイトバランス
白を基準にして、色をどのような感じに映し出すかを設定する為の機能です。

 

蛍光灯の下では温かみがない感じの色になるといった時に、白を太陽光が当たっているような感じに変えて、柔らかいイメージの写真を撮ったりできます。

 

◆色温度
K(ケルビン)という単位を用いて、光の色を温度で表現したものです。

 

値が低いと赤系、高いと青系になります。

 

◆オーバー
露出を上げる・あるいは高い状態のことを言います。

 

◆アンダー
オーバーとは反対に、露出を下げる・あるいは低いことを言います。

 

◆絞り
一眼レフに入る光を加減する穴の大きさのことです。

 

絞りの数値を大きく設定すれば穴は小さくなり、反対に小さくすれば穴は大きくなります。

 

◆焦点距離
レンズが被写体を写しだす点の距離のことです。

 

一眼レフはレンズを取り替えることが可能ですが、焦点距離が長いレンズは望遠レンズ言い、焦点距離が短いものを広角レンズと言います。

 

◆低速シャッター
動いている被写体をぶれずに撮りたい場合とは反対に、動いている動きを表し、スピード感がある写真を撮りたい時に使用する機能です。

 

手ブレに気を付けなければいけなかったり、絞り値を変化させたりと様々な予備知識が要ります。

一眼レフの用語関連エントリー


Copyright (C) 2010 一眼レフカメラの使い方入門 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

一眼レフの用語

一眼レフカメラでワンランク上の写真を撮ろう!