一眼レフカメラの使い方入門

一眼レフのメリット・デメリット

一眼レフは、他のデジタルコンパクトカメラ等と比較した場合に、メリットやデメリットがあります。

 

初めにメリットに関してですが、視差というものがないことです。

 

ファインダーで覗いたのと全く同じような構図で撮影できるので、僅かなズレもなくしたい人にお勧めです。

 

また、レンズ交換が可能だということから、レンズが異なるカメラを何台も揃える必要がないことも重要なメリットでしょう。

 

次にデメリットに関してです。

 

一般のコンパクトデジカメよりも撮れた写真は綺麗ですが、それだけ、精密な内部構造になっています。

 

要するに、どうしても重量感が出てしまうので、カメラで撮影できる写真の美しさよりも軽さ・コンパクトさを望んでいる方には向きません。

 

シャッターを切る時の音についても、商品によると大きいものがあります。

 

また、他の種類のカメラと比較して手に伝わってくる振動も大きいです。

 

どのモデルを選ぶかによっても変わってきますが、使い心地が悪く感じる人もいるので、購入する前に一度シャッターを切ってみて購入を決めた方がいいでしょう。

 

そして、価格も高くなってしまいます。

 

レンズに関しては、種類を大量に用意しなければ使用できないというわけではないので、必要最低限のものから揃えてみるといいでしょう。

 

実際に一眼レフを使用しているほとんどの方が、持っているレンズの数は2本が最も多いんだそうです。

 

一眼レフにするかコンパクトデジカメにするかは、それぞれのメリット・デメリットを参考にして決めましょう。

 

写真の出来栄えについてこだわりたい人は一眼レフ、手軽さを望む人はコンパクトデジカメにするのがいいでしょう。

一眼レフのメリット・デメリット関連エントリー


Copyright (C) 2010 一眼レフカメラの使い方入門 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

一眼レフのメリット・デメリット

一眼レフカメラでワンランク上の写真を撮ろう!