一眼レフカメラの使い方入門

一眼レフのモード

一眼レフには、メーカーによっても異なりますが、いろいろなモードが装備されています。

 

綺麗な写真が撮影できるかどうかということは、このモードを自在に扱えるかどうかということにかかっているでしょう。

 

それぞれのメーカーによってモードの呼び方が違っているので、最初はマニュアルでどういうものがあるのか認識しておきましょう。

 

例えば、スポーツしている場面を撮りたいのであれば、スポーツモードに変更するなどの操作が必要です。

 

その他にも、夜景を写したい時には夜景ポートレートなど、撮るものに合わせて切り替えましょう。

 

モードを変更すると実際にどんな変化が起きるかというと、背景のぼかし加減やシャッター速度が違ってきます。

 

例えば、スポーツモードに変えるとシャッター速度が速くなって、連写ができるようになったり、夜景ポートレートにすれば、夜景だけでなくその前にいる人物も鮮明に写せるなどの違いが出ます。

 

それぞれのモードの特色は覚えておいた方がいいでしょう。

 

人物を入れずにただ風景を撮影したい時は、風景モードにすると一眼レフで撮影した区間全てにピントを合わせられますが、それに人物を入れる場合は、人物を中心にピントを合わせ、背景をぼかすようなポートレートにするなど、撮影シーンに合った変更をした方が成功します。

 

どのモードが最適なのか分からない人は、全自動モードを使ってもいいでしょう。

 

一眼レフが自動で一番合っているものを判断して、必要ならばフラッシュも使った撮影をしてくれます。

 

もっといい撮影をしたいのなら、モード変更+他機能の微調整が使えるようになりましょう。

一眼レフのモード関連エントリー


Copyright (C) 2010 一眼レフカメラの使い方入門 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

一眼レフのモード

一眼レフカメラでワンランク上の写真を撮ろう!