一眼レフカメラの使い方入門

カメラ以外に必要なものは?

一眼レフカメラでワンランク上の写真を撮ろう!

カメラ以外に必要なものは?エントリー一覧

一眼レフカメラのストラップ
一眼レフを首から下げて歩きたい時には、ストラップを買う必要があります。家電量販店でも数多くのストラップが売られているので、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか?自分が所有しているカメラにピッタリかどうか確かめてみる為にも、カメラも持っていくといいでしょう。お店の中には試着できるところもあるので、そのようなところで買う場合は、店員さんに声をかけると自分が持っているカメラに実際に付けて確かめさせてくれます。ですが、世間で販売されているストラップは、どれもあんまり違いがないようになってしまっています。...
一眼レフの三脚
一眼レフで写真を撮る時に、三脚がなくてはならないアイテムだという人が結構います。中でも、手ブレ調整機能が備わってない一眼レフを使用する時や、一眼レフが重たい場合にはなるべく使用するようにした方が美しい写真が撮れるでしょう。撮影するところまで持ち運ぶことを考慮すると、三脚はできるだけ軽量のものを選ぶことをお勧めします。軽量のカメラを使用している場合はいいですが、カメラの重いがあると総重量が相当のものになってしまいます。しかし、軽いということはその分すぐ倒れてしまうということでもあります。ですから、...
一眼レフのバッグ
一眼レフを肩や首からぶら下げずに、バッグに入れて持ち歩きたいという方は、カメラ用のバッグを買い求める方がいいでしょう。例えば、旅行にカメラを持参して行こうと考えている場合、ただの旅行バッグにしまっておくと傷が付いてしまう危険性があります。一眼レフは、高額でデリケートな器具なので持ち運ぶ時にも細心の注意を払いましょう。カメラ以外に手荷物がたくさんある場合は、リュックタイプが人気です。通常のリュックサックのように背中に背負うものではなく、後ろでクロスしたベルトがあり、腰部分にカメラがくるようになるも...
一眼レフのケース
一眼レフは、ケースに収納して携帯するようにしましょう。キャノンやニコンでもケースが発売されているので、貴方が買ったカメラにぴったりのものを選ぶように気を付けましょう。可能ならば一眼レフを買う時に揃えてケースも購入した方がいいでしょう。小売店で購入するつもりならば、ケースが付属しているものもたくさんありますが、インターネットの通販の場合は一眼レフ単品での出品が多いので、別で用意する必要があります。そのままの状態で持ち歩いてしまうと、本体やレンズに傷が付いてしまう危険性があるので注意しましょう。ケー...
一眼レフのレフ板
一眼レフだけではなく、写真を撮る時はレフ板を準備しておくといいでしょう。レフ板とは、光を反射させるための板です。実際に使用したことがなくても、見たことがあるかもしれません。大きな板をイメージする方もいるかもしれませんが、現在ではすごくコンパクトなものが売られています。折り畳みが可能なものもあり、旅行など可能な限り一眼レフに関係する荷物を少量にしたい時にも利用できます。もし用意できなかったとしても、白い紙でも代わりになりますのでぜひ利用してみましょう。金額は、小型のものであれば1,500円〜2,0...
一眼レフのレフ板を作ろう
一眼レフでの撮影をする際に、可能ならば用意した方がいいのがレフ板ですが、価格もそこそこするので使用していないことが多いでしょう。ならばご自分で制作してみてはいかがでしょうか?簡単に作れて、一眼レフ用のレフ板でも使用したのとしなかったのとでは写真の仕上がりが全然違ってきます。最初は板の部分を何で作るか考えましょう。世間でよく使用されているのはホワイトボードです。100円ショップでも売られているので、100円で買うことができます。このままでも十分レフ板の役目を果たしてくれますが、もっと使い易くするた...

Copyright (C) 2010 一眼レフカメラの使い方入門 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集