一眼レフカメラの使い方入門

一眼レフのバッグ

一眼レフを肩や首からぶら下げずに、バッグに入れて持ち歩きたいという方は、カメラ用のバッグを買い求める方がいいでしょう。

 

例えば、旅行にカメラを持参して行こうと考えている場合、ただの旅行バッグにしまっておくと傷が付いてしまう危険性があります。

 

一眼レフは、高額でデリケートな器具なので持ち運ぶ時にも細心の注意を払いましょう。

 

カメラ以外に手荷物がたくさんある場合は、リュックタイプが人気です。

 

通常のリュックサックのように背中に背負うものではなく、後ろでクロスしたベルトがあり、腰部分にカメラがくるようになるものがよくあるタイプになっています。

 

それぞれのカメラメーカーから一眼レフ用のバッグも売り出されていますが、デザインが好きじゃないとか、もっと低価なものが欲しい時はそのカメラに適したサイズのバッグを自分で探しましょう。

 

クッション性が高く、カメラを十分保護できるものが第一条件です。

 

リュック以外にもショルダータイプもあり、荷物を持ち歩くのが苦にならない方にはこちらのタイプが人気です。

 

何種類かのレンズを持って行く時は、カメラを納めるところとは別に、レンズを収納できるポケットが付いているものを選んだ方がいいでしょう。

 

また、バッグにカメラをしまう時の方法についてですが、レンズが傷付かないように入れるのが鉄則です。

 

レンズを付けた状態でしまうと、どうやってもバッグの生地がレンズに当たってしまうという時には、取り外して別々に収納しましょう。

 

しかし、一眼レフのタイプによっても違いますが、そのまま入れても大丈夫なものもあります。

 

そのようなタイプを使用しているとしても、レンズが上向きに納まるようにしまいましょう。

一眼レフのバッグ関連エントリー


Copyright (C) 2010 一眼レフカメラの使い方入門 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

一眼レフのバッグ

一眼レフカメラでワンランク上の写真を撮ろう!