一眼レフカメラの使い方入門

一眼レフのレフ板

一眼レフだけではなく、写真を撮る時はレフ板を準備しておくといいでしょう。

 

レフ板とは、光を反射させるための板です。

 

実際に使用したことがなくても、見たことがあるかもしれません。

 

大きな板をイメージする方もいるかもしれませんが、現在ではすごくコンパクトなものが売られています。

 

折り畳みが可能なものもあり、旅行など可能な限り一眼レフに関係する荷物を少量にしたい時にも利用できます。

 

もし用意できなかったとしても、白い紙でも代わりになりますのでぜひ利用してみましょう。

 

金額は、小型のものであれば1,500円〜2,000円ぐらいです。

 

大型になるほど高額になり、1mより大きいものになると1万円ほどになります。

 

その他のものでは、一眼レフ用の撮影ライト等が発売されていますが、これは値段も高く、持ち運ぶのに大変なので、最初はレフ板から試してみるといいでしょう。

 

特に、屋外での撮影で太陽の光が十分でない場合に重宝します。

 

フラッシュを使用すると自然な写真とは違うようなイメージになってしまうので、もっと自然的な色彩を表現したい時は、レフ板の方が適しているでしょう。

 

どのくらい明るくしたいのかでレフ板の角度を加減しなければいけませんが、近付けたり離したりといった作業をすることで、ナチュラルな光加減を作り出すことができます。

 

最近人気があるのは、レフ板の表と裏が銀・金になっているものです。

 

白よりも銀の方が光をよく反射し、さらに明るい写真を撮影することができます。

 

金の方は、一眼レフで人物を撮影するのに適していて、顔の色をちょっとオレンジっぽくして元気があるように写す効果があります。

一眼レフのレフ板関連エントリー


Copyright (C) 2010 一眼レフカメラの使い方入門 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

一眼レフのレフ板

一眼レフカメラでワンランク上の写真を撮ろう!