一眼レフカメラの使い方入門

一眼レフの三脚

一眼レフで写真を撮る時に、三脚がなくてはならないアイテムだという人が結構います。

 

中でも、手ブレ調整機能が備わってない一眼レフを使用する時や、一眼レフが重たい場合にはなるべく使用するようにした方が美しい写真が撮れるでしょう。

 

撮影するところまで持ち運ぶことを考慮すると、三脚はできるだけ軽量のものを選ぶことをお勧めします。

 

軽量のカメラを使用している場合はいいですが、カメラの重いがあると総重量が相当のものになってしまいます。

 

しかし、軽いということはその分すぐ倒れてしまうということでもあります。

 

ですから、普通の三脚と比較した時、相当軽いというものはお勧めできません。

 

適度な重さは必要になってくるので、持ち運びし易い一眼レフ用バッグ等を検討した方がいいでしょう。

 

カメラを買う時にサービスで三脚が付いてくる場合もありますが、残念ながら耐久性が弱いものが多く、きちんとした撮影で使用できるものではないでしょう。

 

三脚によって○kgまで対応というのが異なるので、望遠レンズ等の重いレンズを使用するつもりの人は、カメラ+レンズの重さを考慮した上で選ぶようにしなければいけません。

 

出来る限り荷物が大きくならないように、収納する時はコンパクトにでき、使用する時に足を伸ばせるタイプがよく売れています。

 

足を伸ばすことができるタイプのものはたくさんありますが、伸ばすために必要な手間は製品によってかなり違います。

 

スタンバイに時間がかかるものは、持ち歩くのが面倒くさくなってしまうので、なるべく簡単に準備が出来るものを選択するといいでしょう。

 

最大○cmというのもイメージが湧かないので、メジャーなどでどのくらいの高さまで大丈夫なのか確認してみるとイメージしやすいです。

一眼レフの三脚関連エントリー


Copyright (C) 2010 一眼レフカメラの使い方入門 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

一眼レフの三脚

一眼レフカメラでワンランク上の写真を撮ろう!